Sunday, May 11, 2014

「未来予測」の大勘違い

まず、下の絵を見てほしい。






ほとんどの人が「ああ、iPadね。でなに?」と思うだろう。
では次の絵を見てもらおう。






どうだろう?
多くの人は「あれ、なんかちょっと違うなあ、なんだこれ」と思ったのではないだろうか。

種明かしをすれば、この二つの絵は、コンピューターサイエンティストのアラン・ケイが著した論文「「A Personal Computer for Children of All Ages」のなかで、ダイナブックというコンセプトを説明する為に用いたものである。

1972年のことだ。

この種明かしをされれば「すごい・・・40年も前に今の世界を予測していたんだね!」と感嘆するかも知れないが、その理解は事実と完全に異なっている。これはアラン・ケイ自身も言っていることなのだが、彼は、未来を予測してこれを描いたわけではない。

彼がやったのは「こういうものがあったらいいな」と考えて、そのコンセプトを絵におこし、それが実際に生み出される様に粘り強く運動したということだ。

ここに「予測」と「実現」の逆転が見られる。

ケイがやったのは「未来がどうなるかを考える=フォアキャスト」ではなく、「未来がどうあって欲しいかを決めて、そこから何をするかを考える=バックキャスト」だといえる。

コンサルティングファームに居ると、よくクライアントから「未来予測」に関する相談を受ける。「未来がどうなりそうでしょうか?その未来に対して、我々はどのように準備するべきでしょうか?」というご相談で、もちろんフィーをいただいてレポートを作成することになるわけだが、個人的には実にナンセンスな依頼で、アウトプットは無意味な作文だと思っている。

いまある世界は偶然このように出来上がっているわけではない。どこかで誰かが行った意思決定や行動の集積によって今の世界の風景は描かれている。

それと同じ様に、未来の世界の景色は、いまこの瞬間から未来までのあいだに行われる人々の営みによって決定されることになる。であれば、我々が本当に考えなければいけないのは「未来はどうなるの?」ではなく「未来をどうするか?」であるべきだろう。

アンドロイドの研究で名高い大阪大学の石黒先生は、アラン・ケイと面会した際「ロボットの未来に可能性はあるのでしょうか?」と質問したところ、アラン・ケイから叱責されたそうだ。「お前はロボットを研究する立場にある人間だろう。そういう立場にある人間が、そんなことを他人に聞いてどうする。お前自身は、ロボットというものを人類にとってどういうものにしたいと思っているんだ?」と聞き返され、「アタマをガツーンとやられた感じがした」と述懐している。

再度繰り返して言おう。

いまここにある我々が、どのように未来があって欲しいかを考え、それに基づいて行動することで未来の景色は決まる。予測なんてアホらしいことはイイカゲン止めたらどうだろうか。

最後に、アラン・ケイのメッセージを。

"The best way to predict the future is to invent it."
「未来を予測する最善の方法は、それを発明することだ



Monday, May 5, 2014

日本から骨太なビジネス著述家が生まれないわけ

連休の中日、皆様にはいかがおスゴしでしょうか?

小生は、そろそろ東京生活は終わりにしようかと湘南〜逗子の土地物色に終始したGWでしたが、いやあテンション上がりますね。

これは知人の家ですが、イメージとしてはこんな感じ。シルエットは長女と長男です。ちなみに我が家はこの下にさらに怪獣の様な女の子がいます。いやあ、スゴいことになっています。




うむ、まあいいですよね。

結婚する前の家内との定番のデートコースは、鎌倉〜葉山に午後から行って、夕方から海を見つつ、アペリティフを楽しみながら本や雑誌を読んで、その後で地物の素材を使ったイタリアンを食べるというものだったので、まあなんというかバックトゥベーシックという感じです。二人とも海が大好きだし、最近は仕事で徹夜することもなく、かなりマイペースに出来る様になってきたので、そろそろそういう生活もありかな、と。

それはそうと、標題はビジネス著述家の話でしたね。

海を眺めながら考えていたのは、日本で出版されるビジネス書って、ごく一部の例外を除いてなんでこんなにレベルが、特に米国のそれに比べて低いのかなあ、ということなんですが、ああそうか、と瞬間的に理由が見えたような気がしたので、その備忘録です。

ここで言っている米国のビジネス著述家というのは、ドラッカーでありマルコム・グラッドウェルでありジム・コリンズでありダニエル・ピンクのことです。一方、日本のそれは、まあ実名を挙げるのは憚られるのでやめておきましょうか。でもだいたいイメージつくでしょう?

で、結論は「使用言語人口の差異」だなこれは、ということです。

日本語の利用者がまあざっくり一億人で、英語の使用人口が昔の英会話教室の広告によると二十億人なんで、日本語と英語では言語としての市場が二十倍違うわけです。

ところが、本を書くというのはむちゃくちゃ労働集約的で、つまり固定費なわけですから、市場の大きさに関わらず同じだけの日数がかかってしまう。だから、日本のビジネス著述家が、欧米のそれと同じだけの金額を同じシェアで稼ごうと思ったら、市場規模が小さいぶん発行頻度を二十倍にしないといけないわけです。

で、ざっと見てみました。

マルコム・グラッドウェルやジム・コリンズといった大御所が四〜六年程度のスパンで一冊出しているのに対して、日本のいわゆる流行ビジネス本作家という人たちは年に三〜四冊程度の本を出していますよね。これをならせば日本の作家が三〜四ヶ月に一冊の本を出しているのに対して、欧米のそれは四十八〜七十二ヶ月のスパンで一冊を出しているわけで、確かにまあほぼ使用人口規模の差とどっこいどっこいだよなあ、と。

ここまで来れば、もうこたえはわかると思うんですけど、本を一年に何冊も出すって、クオリティを保ちながらやるのは絶対に不可能なんですよね。個人的な経験もそうですし、一般にもそう言われていますが、本を一冊書くにあたっては少なくともその百倍のインプットが必要だと言われています。年に三册の本を出すということは、書くという非常にストレスフルな仕事を抱えながら、同時に三百冊分のインプットもやるということですから、これは不可能とは言わないものの、極めてストイックな生活をしなければならなくなる。一方で、欧米英語圏の彼らは、百冊のインプットを四〜六年をかけてじっくりやることが可能なわけで、これは論考に圧倒的なクオリティ差が生まれるのもあたりまえだよなあ、ということをキラキラと渚に反射する初夏の葉山の夕焼けを見ながら考えたわけです。


このロジックはなにを意味しているかというと、日本において、専業のビジネス著述家から、グローバルな水準でみてもクオリティの高い論考が生まれるということは恐らく無いだろう、ということです。ペシミスティックだって?でもロジカルにはそうでしょう?だって一年に何冊も出さなければ生活できないんだもん。日本では、カリスマ性を獲得するようなビジネス著述家がたまに生まれますが、そのほとんどが五年も経たずに失速してしまう構造的な要因はここにあるんです。これはマルクスが資本論で指摘した「疎外」と全く同じですよね。人間性とか努力とかそういうものではなく、市場の構造的なシステムに起因しているということです。

逆に言えば、日本からクオリティの高い論考のビジネス著述が生まれるとすれば、それは恐らく他に本業を持っているヒト、つまり大学教員を代表する教育に携わるヒトや就業者だということです。他に十分に食えるだけの生業を持っているヒトが、十分に時間をかけて乾坤一擲のメッセージを世の中に出す。そういうかたちでこそ、恐らく世界的な水準の論考というのが日本から生まれるのではないか、ということです。

うーん、どうなのかな。と言いつつ、日本の経営学会の教員からは日本社会にインパクトのある様な論考というのがほとんど出されないので、ちょっと事実とロジックにほころびがありますね・・・まあちょっと考えてみます。


Thursday, May 1, 2014

スライド作成のオンライン講座は成立するか?

先日、オンラインの学校を経営しているベンチャー企業のスクーさんからのお誘いで、スライド作成のオンライン講座というものをやってみました。

基本的には一昨年に出したこの本、


の内容をそのまま授業でやって欲しいということでしたので、全二回の授業のうち、一回目はほぼ本の内容+実際のプロジェクトで使われたスライドの作例を説明し、二回目は実際のプロジェクトで作成されたスライドを作例としながら課題演習を実践する、というやりかたでやってみました。

授業の内容はオンラインで無料視聴できる様ですので、ご興味のある方は是非。

スライド作成の基本的なルールを解説した一回目はこちらで、
http://schoo.jp/class/557

より実務に近い課題を与えて作例を説明した二回目はこちらになります。
http://schoo.jp/class/558

で、この授業なんですが、ものすごく興味深い体験でした。

というのも、教えるその「場」に、生徒が誰もいないんですよ。その場にいるのは放送ディレクターとカメラマンと、あとは相方を努めてくれる女性の方だけで、まあスタジオだと思ってもらえばいいです。写真撮ってくればよかったな、しまった。

長いことグロービスで教えていますし、またコンサルタントとしてクライアントのワークショップでファシリテーターを務めることも多いので、人前で何かを教えたり話したりということは慣れているのですが、今回はまったく逆なんですよね。誰も居ない。じゃあ誰に向かって説明するかというとカメラに向かって説明するわけです。

これで本当に授業として成立するのか、というのが検証のポイントでした。

というのも、ファシリテーションをやったことがある人はご存知の通り、ワークショップというのは多面に創発的な側面があって、こちらの投げかけたボールに対して、参加者がどのように返してくるかというのを、言葉や表情や振る舞いから全力で拾い取りながら作り上げていく、という側面があるわけですが、こういったフィードバックを全く得ることが出来ないんじゃないか、と思っていたのです。

ところがですね、これがやってみると不思議なことに、結構ビビッドに反応が帰ってくるんですよ。何を通じて反応が返ってくるかというとTwitterなんですよね。Twitterにコメントや質問が随時アップされていて、それを見ながら授業を進めるんですけど、これが意外なことにちゃんと成立しているんですよね。

いやあほんと、ビックリしました。

教えるという行為は多分に労働集約的な側面があって、それが故に大きなビジネスにはなり得ない、少なくとも大もうけ出来る様なレバレッジの効いたビジネスにはなりにくいというのが通説としてあったわけですが、そういった認識を改めるべきときに来ているのだということを皮膚感覚で認識することができました。

最後に、この講座の内容ですが、最近はいくつかの企業さんでも幹部候補の研修や管理職研修でも実施しているのですが、御陰さまで大変好評なので、ご興味のある方は

bybykipling@gmail.com

までご連絡いただければと思います。

それでは。