読了

「マズローの心理学」と「イエスという男」を読了。

大変面白かったです。

実はここ2年程読書はハズレが多かったのですが、今から考えると「自分がこの先なにをテーマにやっていくのか?自分の興味と自分の仕事を、どう重ね合わせていくのか?」がまったく見えていなかったことがその原因なのではないか、と思われます。興味深いと思っても、自分とその本の関わりがよくわかっていないと、やっぱり本から「引き出せ」ないように思えます。ここ半年程で、また「自分が掘り下げるべきでない領域」と「掘り下げて行くべき領域」というのが少し見えて来て、それが読書の実りを豊かにしてくれているのだと思います。もう少しキザな言い方をすると、広い意味で「希望」がないと、読書から実りを得られない、ということなのだと思います。

マズローの心理学
フロイトは病的な人ばっかり研究したので、「病的な人の心のシステム」を構築したけど、この領域の研究をいくらやっても「自己実現」への道は見えない。ということで、「病んでいる人」よりも「自己実現」した人を研究すべきであって、この「自己実現した人」をいろいろと調べると、共通項が見えて来て、それってこういうことんだよね、という本です。

フロイトの「精神分析入門」を初めて読んだのは中学生のときです。かなり変な中学生ですが、そのときに覚えたフロイトの学説に対する非常に強い違和感の原因を初めて他者から解説された気がしました。フロイトは、なぜかくも有名かつ高名なのか?恐らく「無意識」というものの影響の大きさを初めて指摘した、という点が大きかったのではないでしょうか。パイオニアというのは、全体としての作品の完成度や思想を別にして、往々特別扱いされるものですよね。これは美術史でも同じで、例えばジョン・ケージとかクセナキスなんかは手法そのものが革命的に新しかったので人口に膾炙するようになりましたが、作品そのものの完成度はそれほど高くないですよね。

マズローは、心理学のフロンティアを切り開いた巨人=フロイトのアプローチを「壊れた時計ばかり見て、時計がどう動くのかを研究しようとしている」と論難し、人が幸せな人生を生きるのに資する様な心理学を打ち立てようとすれば、研究の対象は「自己実現した人」であるべきだ、と指摘します。そして、このアプローチから見えてくる人間性の地平は、フロイトがえぐり出した残酷で露悪的な本性とは全く異なります。フロイトについては、僕は子供のときから「こいつは正直、ホンモノなのか?」と思ってたのですが(要するに、人間性の本性が残酷で動物的なんじゃなくて、アナタが残酷で露悪的なんじゃないの?と思っていた)、マズローだけでなく、フロイト後の心理学者の多くがフロイトの理論をこきおろしているのを読んで30年来の溜飲を下げました。

イエスという男
新約聖書の福音書は、イエスと親交があったりなかったりした人が、ビミョーに人の話を訊いたり、教会の都合を考えたり、ローマ政府のご機嫌を損ねないように気を使いながら、いろいろと工夫して作った物語です。で、このビミョーに、物語の内容を左右している部分を、タマネギの皮をむくように歴史学の手法を用いてハガしていったときに、史実として「人間イエス」が何をどのように考え、どのように発言したのか、ということが見えてくる。

これもフロイトじゃないけど、新約聖書の記述も、そのまま飲み込めばいいのかも知れないけど、僕は昔からそれができなくて、咀嚼して理解しようと思うとどうしても筋が通らないところが、実はものすごく多いんですよね。

漱石の「それから」に、こういうやりとりがありますね。

代介:「お父さんは金の延べ棒ばかり呑んでいるからそういうことをおっしゃるんです」
父:「金の延べ棒とは?」
代介:「延べ棒のまま呑むから、延べ棒のまま出て来るんです」

帝大を出ていい年に成っているにもかかわらず相変わらず働こうとしない代介に対して、古人の名言をもって説教する父に対して、代介が言う「金の延べ棒」とは、孔子や老子の著作に書いてある文言、つまり「金言」を、自分の立場なりに咀嚼せず、そのまま反射している、つまり「金言を砂金に噛み砕くことをせず、延べ棒のまま、丸呑みしている」ので、人に説教するときにも、その人也にアドバイスすることが出来ない、つまり「自分が読んだまま、訊いたままのことを言う=延べ棒のまま出てくる」ことを揶揄しているわけですが、多くの聖書の文言にもこれは当てはまります。聖書も、延べ棒のまま呑んでいる人が多い。

新約聖書には、多くの「イエスが語ったとされる文句」が出てきますが、実際に本人が語ったことが明確になっているものは、そのうちのごく一部であって、また実際にそれが語られた文脈が、聖書に記載されているものとは異なることも多い様なんですね。

僕は前から聖書に興味があって、ずっとこの長編の大河ドラマを読んでいますが、やっぱり「不自然だな、なんでこういう対応になんのかな」、「この台詞と解説だとまったく論理的に整合がつかないな、どうしてこういう解説になっちゃうのかな」と思って悩むことが、多かったんですよね。で、それをどう考えたらいいのか、と長いこと悩んでいたのですが、そのポイントのことごとくに、「それって、後の福音書作者が教会の権力を増すため、ないしは当時社会を支配していたローマの検閲をくぐるために、こういう表現にしたのであって、実際の意味は、こういうことですよ」という解説を加えていて、これがまた死ぬ程納得感があるんですよね。

この本を読んで、ずっとイエスという「人間」が立体的に、親近感を持って浮かび上がるようになりました。おすすめです。