チェロ購入記

と、いうことで、やはり金策が出来る前に購入してしまいました。

チェロ。

先生からお勧めされた御茶ノ水の下倉楽器で、下倉楽器のオリジナルのブランドのものを購入しました。

先生から出された条件は二つ。

1:ドイツ製であること
2:少なくとも楽器に30万円は出すこと

最近ではネットでルーマニアや中国製のものもかまびすしいですが、先生曰く

「時間が経つと差が出ます」

とのこと。材の乾燥の度合いが違うみたいですね。

ただ、店に行って実際に弾いてみるとドイツ製は如実に価格が高く、ルーマニア製や中国製の30万円前後のチェロと同じ程度の音を狙うとどうしても50~100万円程度になってくる感じで、正直悩んだのですが、さすがに二つ出された条件のうち、最初の一つをのっけから無視、というのもなんだかなと思い、どうせローンだし、ということで結局楽器で50万円前後、弓で10万円前後のものを購入しました。弓も「キリ」は3万円前後から、「ピン」はン百万円まであって悩ましいのですが、幸い手頃な価格のもので手にした瞬間にバランスがピン!とくるものがあったので即決できました。

で、いままでは自宅では先生から借りてきたチェロで練習していたのですが、新しいチェロにしてから練習が十倍も百倍も楽しくなり、今では週末が楽しみで楽しみでしょうがなくなりました。楽器の趣味、お勧めです。