Friday, April 9, 2010

文化の盛り上がり≠人口増

日本の地方自治体の取り組みを見ていて思うのは、

文化の盛り上がり=人口増加

という等式が、どうも先入観としてあまたの中にあるのではないか?ということです。

町おこし、が成功すれば若い人も戻ってきてくれる、という希望的な観測ですが、世界に目を向けてみれば、それは必ずしも真実ではないことが良く分かります。

例えば、ヴェネチア。

映画においては国際映画祭が、アートの世界ではビエンナーレが世界的に有名ですが、ヴェネチアの人口がここ50年減り続けていることを、「町おこし」を考えている人は認識したほうがいい。

1951年には17万人以上居たヴェネチア島の人口は、1978年に10万人を切って、昨年ついに6万人を切りました。50年で三分の一になっちゃったんですね。

でもビエンナーレも国際映画祭も非常に盛り上がっています。

この場合、盛り上がっている、というのはインバウンドで人がたくさん訪れて、その間にオカネを落としてくれるようになった、ということです。その代わり、人はどんどん減っていった。観光客向けに建物の一階は全てレストランとみやげ物屋になり、観光客が興醒めするような改装は出来ない、ということで住みにくい街になってしまったんですね。

実は、これと同じこと「世界遺産」でもよくありますね。世界遺産になってしまった途端に、

1:観光客が訪れる
2:観光客目当てのスケベ根性の地元民が、やらずもがなのみやげ屋を開く
3:景観が破壊される

ということが起こります。一昨年に訪れた白川郷も、多くの家がみやげ物屋になっていて、人が生活している風景を見る、という民俗学的な面白さはもうなくなっていましたからね。

ガイドさんから「むしろ有名でない近くの集落の方が、昔の生活がそのまま残っている」と言われて訪れた村の、なんと静かで落ち着いたたたずまいだったことか。上がらせて頂いた一軒で、おばあちゃんが孫の女の子を呼んで地元の踊りを披露してくれたのですが、素晴らしかったですね。

村おこし、という抽象的な言葉ではなく、具体的なビジョンとして、何をどう変えるのか?を思い描くことが必要であることはもちろん、「何を、変えてはいけないのか?」をしっかりと押えることもまた、必要なのでしょうね。

No comments:

Post a Comment