Saturday, November 7, 2009

横軸と縦軸


初めてチェロのレッスンを受ける。

ピアノだと縦軸で指を揃えるけど、チェロは和音が出せないので、指を揃える必要は無い。
その代わり面白かったのが、次に来る音に備えて別の弦に指を置いておく、というルール。

なるほど、これはピアノとかなり違う。

耳で調弦してください、というのものけぞった。

専門家以外にはどうでもいいことだが、ピアノの調律は、実は完璧に行ったピアノでも実際には宿命的に完璧足り得ない。なぜなら平均律で調律するからだ。平均律とは2の12乗根の比率で周波数が隣り合う様に調律した調弦のことだ。曲の途中で転調してもその転調した先で音楽が奏でられることを目指して「人工的に」作られた調律法だ。一方で、もっとも自然に調和する調律は「純正律」といって、これは周波数の倍数、倍音をベースに設定される。純正律で調律されるとハーモニーは本当に美しいが、その調から転調することは出来ない。

ということで、先生は、「ピアノとかチューナーで調律しないでくださいね〜音が濁りますから」とおっさる。要するに耳で調弦してくれ、ということなのだ。

久々に、脳を揺さぶられている感じですね。





No comments:

Post a Comment