Friday, July 31, 2009

技術のロードマップを外れる

近年の大ヒット商品を東西で考えてみると、東の横綱=Wii、西の横綱=iPodということになるでしょうか?

こう並べてみると、この二つの商品には共通項が多い様な気がします。

一つに、技術のロードマップを意識していない、という点です。

特にWiiは枯れた技術のみで構成されている商品です。その時点で手に入る最新技術よりも一世代前の技術で基本的に構成されています。iPodも、アップル自身がテックオリエンテッドの会社でないこともあり、基本的に世の中で手に入る技術の順列組み合わせで出来上がっていて技術的に特筆すべき物は無い。

そして重要なことは、これらのお金をザクザク生み出す商品に使われているコンポーネントの供給メーカーには、ゼンゼン儲かっていないところも多い、ということです。

例えばiPodには記憶装置に日立や東芝のHDDが使われていますが、これらの会社の業績がどのような状況かは皆さんもよくご存知のはずです。

現在、多くの企業で中堅から幹部として働いている人は20世紀の後半に生を受けて経済成長期に青春を過ごした人たちですから、思考のパラダイムとして「進化」と「成長」という概念が立ちがたく結びついてしまっている様に思えることがあります。

この「成長=進化」の幻想、つまりロードマップドリブンの経営を迷走させる危険な考え方だと思っています。

例えば、最近若者の自動車離れが騒がれていますが、その要因の一つに自動車の進化の方向性に若者が共感しなくなっているということがあると思います。

自動車の開発ロードマップの方向性は、安全性や静粛性、親環境性といった要素がありますが、こういった進化に若者が興味を持てなくなっている、ということだと思います。なぜなら彼らにとってはもう十分に安全で静かだからです。ここから先、安全性が多少良くなったら若者が自動車に戻ってくるかと言ったら、そんな感じしないですよね。にも関わらず、企業は相変わらず安全性や静粛性といった古典的なテーマのロードマップに乗って莫大な資金を投下しているわけです。その費用によってもたらされる限界効用は殆どゼロではないかと思います。

一方で、意識されない要件については自動車というのはここ50年くらい全く進化していません。普通に考えると今の自動車にだってまだまだ不満があるはずです。

なぜ、一人で乗るときも4人分のスペースを引きずる必要があるのか?
荷物を載せないときには小さくした方が駐車しやすいのになぜできないのか?
真横に動いたり、その場で回転したりすれば駐車しやすいのに、なぜ出来ないのか?
なぜ1万円の自動車を作れないのか?

市場には衝突安全性や静粛性より、もっと切実なニーズがあるのに、そこに気づかずに消費者にとってはどうでもいい要素の進化に莫大なお金を使っている。

これはWiiにしてやられたソニーのプレイステーションも同じことが言えるでしょう。現代人にとってもっとも希少な資源は時間ですから、時間のかかるゲームというのは非常に高価です。たとえそのソフトが1万円で購入できても、ある程度楽しめるのに10時間程度の修練が必要であれば、その10時間分は機会費用として消費されてしまいます。年収1,000万円の人の労働時間単価は5000円/時程度ですから、単純計算で言えばまず5万円の費用がかかる。しかも、この時間を趣味や友人との食事といったレクリエーションや勉強等の投資に使えば、その時間によって得べかりし利得は得られない訳ですから機会損失も発生する。

プレイスーテションはコンピューターパワーを高める、グラフィックの描画能力を高めるというロードマップを驀進することで事業を成功させてきましたが、ロードマップというのはある程度まで進んでしまうと顧客にとってはどうでもいい一線を超えてしまうんですね。

ハーヴァード・ビジネススクールのクレイトン・クリステンセンは、企業が自らの技術ロードマップをばく進しているうちに、客にとって「どーでもいい」進化に拘泥してしまい、安くて枯れた技術を使う新興企業に足下をすくわれるという事例を数多く集めて「イノベーションのジレンマ」と名付けましたが、それと同じことがやっぱり今いろいろなところで起こっていると思います。

No comments:

Post a Comment